もう困らない3つのポイント

簡単なボタン操作ですぐにセットアップ完了
詳細はこちら
予め WordPress に最適化された環境をご提供
詳細はこちら
アマゾンのセキュリティ基準に準拠したセキュリティ向上機能を標準搭載
詳細はこちら

 Amazon EC2 なら、WordPress も簡単インストール!

アマゾンが提供するクラウドコンピューティング環境「Amazon EC2」は、CMS、オンラインシステム向けの仮想サーバー、社内利用の計算処理システムなど幅広い用途でご利用いただいています。

WordPress 用の環境として利用する際も、Amazon Web Services(AWS)の管理画面上から AWS MarketPlace の WordPress インストーラーを選択することで、わずか数クリックのボタン操作で、あっという間にご利用を始めていただくことができます。ミドルウェアやデータベースの インストール、面倒な設定作業も不要です。

 チューニング、最新インスタンス等により予め WordPress に最適化された環境

AWS MarketPlace で提供されている「AMIMOTO AMI」では、Nginx やリバースプロキシ Cache によるキャッシュコントロール、MySQL のチューニングが予め行われており、WordPress に最適化された環境をご利用いただけます。

さらにサーバー環境も、Amazon EC2 の HVM インスタンスおよび SSD のブロックストレージを AWS 無料利用枠により、無料で始めていただくことができ、クラウドならではの拡張、縮小も柔軟に行うことができます。

 AWS のセキュリティ審査基準に準拠したセキュリティ向上機能を標準搭載

クラウドでウェブサイトやブログを WordPress で運営する際、セキュリティ対策は重要です。「AMIMOTO AMI」で提供される WordPress なら、AWS MarketPlace のセキュリティ審査基準に準拠した環境を、簡単に始めることができます。

さらに、ログイン履歴監視、ブルートフォースアタック対策、2段階認証といった機能も標準搭載されており、より安全な WordPress 環境でウェブサイトやブログ運営を行うことができます。

デベロッパー向け機能も標準搭載

簡単に始められるだけでなく、AWS で WordPress を利用すると、WP-CLI を使ったコマンド操作、Monit による監視をはじめ、Amazon S3 のストレージとの連携やコンテンツの高速化を簡単に実装できる機能も利用可能です。

無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »

国内の著名なお客様もご利用

マツダ株式会社は、公式ブログシステムの刷新に伴い、プラットフォームを安全かつ柔軟に拡張可能な AWS を採用。AMIMOTO AMI を利用することで WordPress のパフォーマンスと高いメンテナンス性を両立しました。これまでスケーラビリティやピーク時の予測が困難であったウェブサイトの安定した運用とコストの最適化を実現しています。

マツダ株式会社様のブログはこちら »



株式会社リンクバルは、街コンポータルサイトの構成に WordPress を利用した大規模 ECommerce サイトに AWS を採用。テレビ放送や行楽シーズンの突発的な需要に対し、柔軟なスケーラビリティを持つ AWS と超高速 WordPress プラットフォーム、AMIMOTO でハイパフォーマンスなサービス提供を実現しています。
初期費用不要かつスケールの容易さは、設立 3 年 4 ヶ月で株式会社リンクバルの IPO に大いに貢献しました。

街コンジャパンの Web サイトはこちら »


利用開始までの流れ

Amazon EC2 で WordPress をはじめるのは とても簡単です。
まず AWS アカウント(無料)を作成したら、管理画面上または、サードパーティーのウェブサイト上からインストーラーとしてご利用いただける「Amazon Machine Image(AMI)」で WordPresss のパッケージを選択。簡単なボタン画面操作で、10 分ほどで WordPress インストール済みの環境が完成です。
さらに、もっと簡単に、かつハイパフォーマンスな WordPress 環境にしたい、という方向けの便利なサードパーティーツールも提供されているので、難しいコマンド入力なども必要なく、快適な WordPress 環境をご利用いただくことができます。

アカウント作成の流れはこちら ※1 年間無料で利用できるマイクロインスタンスを選択します。

快適WordPress環境がさらに簡単に!おすすめサードパーティーツール

WordPress環境を高速化チューニングしてくれる無料 AMI をご利用いただくと、これまでレンタルサーバーなどでご利用いただいていたような手軽さで WordPress 環境があっという間に構築できます。また、Amazon EC2 上だけでなく、お客様のご利用環境の WordPress を高速化することも可能な 国産サードパーティーツールも用意されているので、快適で安全なWordPress 環境を実現するために、難しさや面倒な手間を意識する必要がありません。

超高速 WordPress AMI 網元:
ハイパフォーマンスチューニングされた WordPress を Amazon EC2 に実装した環境を簡単操作で起動・公開できる無料サードパーティーツールです。

詳しくはこちら

 
WP Booster:
利用するだけで、Amazon EC2 上の WordPress 環境はもちろん、現在ご利用のサーバー環境の WordPress の高速化も簡単に行えるサードパーティーツールです。

詳しくはこちら

アマゾン ウェブ サービスなら低価格レンタルサーバーも、ウェブサイト高速化も手軽にクラウド環境で!

無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »

↑上へ戻る

新規でご利用のお客様に 1年間の無料利用枠を提供!

AWSでは新たにクラウドサービスをご利用になるお客様が、まずクラウドサービスを試していただくことができるよう、無料使用枠をご用意しております。
AWS無料使用枠は、Amazon EC2 の利用開始時だけでなく、他のクラウドサービスにおける新しいアプリケーションの起動、既存アプリケーションのクラウドでのテスト、または単にAWSの検証利用など、用途を問わず 1 年間ご利用いただけます。

*1: 1ページ表示あたりのデータサイズを1MB(画像・CSS・JavaScript を含む)とした場合の目安となります。

*2: 30 GB 分のスナップショットを保存した場合の費用となります。(1 GB 分は1年間の無料利用枠となります。)

Amazon EC2の無料利用枠

初期費用 0円!
月額費用 0円!
(アカウント取得から 12 か月間、Amazon EC2 マイクロインスタンス を
無料利用枠対象OS ごとに1 個無料でご利用いただけます。)
選択可能OS(無料利用枠の場合) CentOS
Red Hat Enterprise Linux
Amazon Linux、
Fedora、
Debian GNU Linux
Mircosoft Windows Server
Suse Linux Enterprise Server
Ubuntu Server
無料利用可能なインスタンス マイクロインスタンス
無料利用可能な時間 750 時間/月
転送量 15 GB/月
(1 ページあたり 1 MB のサイトなら、月間 15,000 PV 程度までの転送量は無料です)
リージョン間のデータ転送 1 GB/月

マイクロインスタンスのスペック

メモリ 1 GiB
vCPU 1 vCPU (6 CPU クレジット / 時)
ディスク容量 EC2用ストレージ「Amazon EBS」 を利用

EC2関連サービスの無料利用枠

EC2用ストレージ
(Amazon EBS)
保存容量 30 GB
200 万I/O
スナップショット 1 GB
ロードバランサー
(Elastic Load Balancing)
15 GB/月のデータ処理、
750 時間/月の Elastic Load Balancin gの利用
クラウドストレージ
(Amazon S3)
容量 5 GB/月
20,000 ダウンロード/月
2,000 アップロード/月

※上記を超えるご利用および LIST リクエストはご利用分に応じた従量課金となります。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら

無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »

↑上へ戻る

アマゾン ウェブ サービスとは?

2006年、アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、ウェブサービスという形態で企業を対象に ITインフラのサービス提供を開始しました。それは現在、一般的にクラウドコンピューティングとして知られています。

AWS クラウド コンピューティング プラットフォームは、お客様のご利用用途や業界に関係なく、アプリケーションを起動できる柔軟性を提供しています。

アマゾン ウェブ サービスの特徴

初めてAWSを利用いただくお客様には、料金の心配なくお試しいただけるよう、無料枠を1年間ご提供いたしております。 また、AWSは使った分だけの従量課金制で低価格。初期費用や長期契約の必要はありません。 お客様がすぐにご利用を開始して、必要な時に必要な分だけをすぐにご利用いただけるよう、AWS は東京を含めた世界8ヶ所から選択できるデータセンター群、40ヶ所以上に設置される配信ポイント(エッジロケーション)を持つグローバルなインフラを提供しています。 AWSは、米国の業界、政府が認めるPCI DSS レベル 1、ISO 27001、FISMA Moderate、HIPAA、SAS 70 Type II といった資格、監査に通った安全で耐久性ある技術プラットフォームです。米国政府機関も利用する安全性を提供します。
詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら

グローバルに広がるご利用環境

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は日本を含めた190か国以上の多数のお客様にご利用いただいております。

東京を含めた世界9ヶ所の「リージョン」とよばれるデータセンター群をもち、これにより冗長性を確保しています。また世界40か所を超える「エッジロケーション」呼ばれるコンテンツ配信ポイントを配置することで、ウェブサイトをはじめとしたコンテンツ配信の高速化を実現しています。

どこのリージョンでもアプリケーション、サイト公開を行えるので、海外展開をご検討のお客様にも最適です。
無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »

↑上へ戻る

法人のお客様も安心なサポート体制

WordPress用の環境としてもご利用可能なAmazon EC2以外にも、AWSでは用途に応じて30種類以上のクラウドサービスをご用意。サービスのご利用にあたって、ご不明な点は、無料のサポートフォーラムをご用意しております。さらによりきめ細やかな技術サポートが必要になった際は「AWS Support」をご提供しております。(有料)。

AWS Supportが提供する代表的なサポート内容 (プランにより異なります。)

詳しくはこちら

↑上へ戻る

Amazon EC2の6つのメリット

Amazon EC2は信頼性の高い環境で運用されているため、必要なアクションをその場ですみやかに実行することができます。SLA(サービスレベル利用規約)は99.95%の可用性を誇ります。

Amazon EC2のサービスレベルアグリーメントはこちら
通常利用時よりも極端にアクセスが集中する時間帯やタイミングにあわせて、Amazon EC2はAWS Management Consoleと呼ばれる管理画面から、CPU、メモリ、ストレージのサイズ(リソース)を即座に拡張・縮小することができます。
共用サーバーでは挙動が不安、専用サーバーではコストに合わないといった、ご利用状況ごとに生まれる悩みを解決します。

障害時にEC2のディスクデータが万が一の障害で問題が発生しても、EC2用の ストレージ「Amazon EBS」との併用により、スナップショットとよばれるバックアップ機能により、データバックアップ、復元がとても簡単。 しかも初めてご利用のお客様にはAmazon EBSのディスク30GB分、スナップショット時に必要となるクラウドストレージ「Amazon S3」のディスク5GB分の1年間無料枠をご提供いたします。

Amazon EC2なら、アカウント作成後、EC2のインスタンス(サーバー)を起動させて、ボタン操作で簡単にWordPressがパッケージ化されているAmazon Machine Image(インストールパッケージ)を選択するだけで、今日から簡単にWordPressの公開ができます。WordPress以外にもJoomla、concrete5、DrupalなどのCMSのインストールパッケージも用意されています。WordPressなら国産の無料サードパーティーツールでさらに簡単にはじめられるので、難しさを意識することなく、クラウドの自由度と安全性をはじめていただくことができます。
WordPress以外の用途でも、Amazon EC2は個人の方でも手軽に始められるマイクロインスタンスから、大規模な計算処理を必要とするシステムでも対応するハイI/Oインスタンスまで14種類から選択可能。さらに、Red Hat Enterprise Linux、Windows Serverをはじめ、数多くのOSから選択していただけます。
パフォーマンスの高さと、いざという時に柔軟に対処できるクラウドのメリットに比例して、初めての方は「とても料金が高そう」という印象を持つかもしれません。

Amazon EC2 は、1時間あたり 1.43 円~*という低価格(月額 1,030 円前後)。しかも、はじめてご利用の方はマイクロインスタンスを 1 年間の無料利用枠をご利用いただけるので、個人のお客様にも数多くご利用いただいています。

※ $1 = 110 円で換算。米国東部リージョンの場合の料金。東京リージョンの場合は、1時間あたり2.2円~となります。

無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »

Amazon EC2のインスタンスの一例

Amazon EC2では、用途、規模に応じて最適なサーバーをお選びいただけるよう、インスタンスを多数ご用意しております。以下はその一例です。

インスタンスタイプ インスタンス名 メモリ 仮想CPU
(vCPU)
ネットワーク
パフォーマンス
ストレージ プラットフォーム
汎用
(無料利用枠対象)
t2.micro 1 GiB 1 vCPU
(6 CPU クレジット/時)
Intel Xeon ファミリー
低から中 EBS のみ 32bitまたは
64bit
汎用 t2.small
2 GiB 1 vCPU
(12 CPU クレジット/時)
Intel Xeon ファミリー
低から中 EBS のみ 32bitまたは
64bit
高速
I/O パフォーマンス
m3.mediume 3.75 GiB 1 vCPU
Intel Xeon E5-2670 v2 (Ivy Bridge)
1 × 4
(SSD)
32bitまたは
64bit

※上記以外のインスタンスも多数ご用意しております。すべてのインスタンス一覧はこちら »

※保存ディスクはEC2用ストレージ「Amazon EBS」をご利用いただく必要があります。Amazon EBS ご利用料金はこちら »

↑上へ戻る

Amazon EC2の主なソフトウェアパッケージについて

Amazon EC2では、WordPress以外にも簡単にインストールしてご利用いただける、様々なソフトウェアをAWS Market Placeでご提供しています。

利用可能OS CentOS
Red Hat Enterprise Linux
Amazon Linux、
Fedora、
Debian GNU Linux
Mircosoft Windows Server
Suse Linux Enterprise Server
Ubuntu Server
利用可能コンテンツ管理アプリケーション WordPress / EC-CUBE / Drupal6 / MediaWiki / phpBB / Movable Type / Joomla! / Gallery / Radiant CMS / concrete5 等

※Amazon EC2のソフトウェアパッケージは、Amazon Management Console(管理画面)からAMIを選択していただくことでご利用いただけます。また、ウェブホスティング、ビジネス利用をはじめとした数多くの用途に対応したソフトウェア、アプリケーションをAWS Market Placeにてご提供しております。

Amazon EC2のソフトウェアパッケージの詳細はこちら

↑上へ戻る

Amazon EC2の料金

インスタンスタイプ インスタンス名 Linux/Unix料金
(1時間あたり)
Windows料金
(1時間あたり)
汎用(無料利用枠対象) t2.micro ¥1.43 ¥1.98
汎用 t2.small
¥2.86 ¥3.96
高速 I/O パフォーマンス m3.medium ¥ 7.7 ¥14.63

※上記以外のインスタンスの料金はこちら をご覧ください »

※Amazon EC2では、予約金を支払うことで各インスタンスを最大65%割引の料金でご利用いただけるリザーブドインスタンス、未使用のリソースにオークションのように値段をつけることができるスポットインスタンスもご提供しております。
リザーブドインスタンスの詳細はこちら »
スポットインスタンスの詳細はこちら »

↑上へ戻る

Amazon EC2の関連サービス料金

EC2用ストレージ
(Amazon EBS)
容量 月額 11 円/GB
I/Oリクエスト 100 万 I/O あたり 5.5 円
※1ページあたり50ファイルのサイトなら、月間約 10,000 PVごとの I/O リクエストで 5.5 円となります。
EBSスナップショット(S3へ格納) 月額 10.45 円/GB
Elastic IPアドレス 実行中のインスタンスに関連づけられたIPアドレス 0円
追加IPアドレス(1個につき) 0.55 円/時間
100回/月までのIPアドレスのリマップ 0 円
100回/月を超えるIPアドレスのリマップ 11 円/回
モニタリング
(Amazon CloudWatch)
1インスタンスあたり(5分間隔の基本モニタリング) 0 円
1インスタンスあたり(1分間隔のモニタリング) 385 円
カスタムメトリックスのモニタリング 月額 55 円/メトリックス
ロードバランサー
(Elastic Load Balancing)
1時間あたりの料金 2.75 円
データ処理費用 0.88 円/GB
データ転送量 データ受信(イン) 0 円
インターネットへのデータ転送送信(アウト) 1GB/月まで   0円 / GB
10TB/月まで  13.2円 / GB
次の40TB/月  9.9 円 / GB
次の100TB/月  7.7 円 / GB
次の350TB/月  5.5 円 / GB

次の524TB/月 お問い合わせください
次の4PB/月 お問い合わせください
5PB/月以上 お問い合わせください
※1ページあたり1MBのウェブサイトなら、月間1,000PV程度までの転送量は無料です。

※料金は米国東部リージョンの料金となります。東京リージョンの料金はこちら

※本料金は2014年10月23日現在の料金となります。Amazon Web Services, Inc.では不定期に価格改定を行っています。Amazon EC2および関連サービスの最新の料金はこちらをご覧ください

※料金はすべて米ドル決済となり、1ドル=110円で計算した金額を表記しています。

↑上へ戻る

無料お試しはこちら
サインアップは簡単!無料範囲内で対象製品を 12 ヵ月無料でお試しいただけます。
AWS クラウド無料利用枠の詳細はこちら »     AWS アカウント作成の流れはこちら »